パスポート取得の手引きなど海外旅行情報サイト。これからパスポートを取得申請する初心者の方に役立つ海外旅行ノウハウを紹介しています。

パスポート取得Navi > 旅券の写真について

旅券の写真について

旅券用の写真撮影についてのQ&A


パスポート(旅券)
用の写真について質問する人が多いですね。
写真はポイントをしっかり押さえていないと
受理できないことがあので要注意です!

写真の主な原因をまとめました。
写真を撮るときの参考にしてください。


Q1 パスポート写真撮影時の服装はどんなものがいい?

Q2 パスポート写真写真屋さんに行かないで
 デジタルカメラで自分を撮影したものを使うことができる?


Q3 パスポート写真で笑顔はまずいですか?

Q 写真が許可されない主な原因



Q1 パスポート写真撮影時の服装はどんなものがいい?

A 
パスポート用の写真、服の色や服装など気になりますね。

襟のある服がいいと思います。
スーツを着る機会がある人は、スーツ姿で撮っています。

自宅で撮るときの背景の色ですが、スピード写真は白、
写真館だとグレーが多い、という感じです。


 

Q2 パスポート写真写真屋さんに行かないで
デジタルカメラで自分を撮影したものを使うことができますか?


A
規定のルールをクリアしていれば基本的には許可されますが・・
申請するときに、結構引っかかってしまいます。

輪郭がはっきりしない、背景の色、背景の明るさ、陰、
頭から上の余白ミリ数、ボケている等などで
『撮り直して来て下さい。
『そこの写真屋で撮るのは如何でしょうか?などと言われています。

カットの仕方などで変わる、頭の上の余白などで返される人が
多かったと思います。
写真屋が一番確実ですね。



Q3 パスポート写真で笑顔はまずいですか?

A
表情がかわっているので、許可されない可能性があります。
出来れば撮り直した方がいいですね。

外国では、笑顔でもいいようですけど・・・



Q 写真が許可されない主な原因

○寸法を満たしていないもの。
(機械処理のため左記の範囲内でないと作成できない)

○不鮮明なもの。変色していたり影のあるもの。

写真にキズや汚れがあるもの。

○眼鏡のレンズに光が反射して目元がわかりにくいもの。

○サングラス、マスクなどで顔が確認しにくいもの。

○ヘアバンド等で顔の輪郭が不鮮明なもの。

○イヤリング、ネックレス等本人確認上支障のあるもの。

○表情が平常と著しく異なるもの。   

○髪が目にかかっているもの。

○肩の線がはっきりしないもの。

○コート等の襟が立っていたり顎のあたりまで首が隠れる衣類を着用のもの。



― 関連記事 ―

→ パスポート(旅券)取得にかかる費用

→ パスポート(旅券)の申請場所と受付時間

→ 旅券取得窓口一覧

→ 旅券の申込書の記入方法について

→ 旅券の写真について

写真のQ&A パスポート取得用の写真はコンタクトレンズ使用でもOK?


パスポートは、長いもので10年使い続けるおのです。
めがねでなく、コンタクトレンズの写真で撮りたいと思う人も
いると思います。

写真を撮る時は、コンタクトレンズで、
旅行に行くときは、めがねをかけていても
問題にならないか?


答えは、写真がコンタクトレンズでも大丈夫です。

例えば、旅行中は目が乾燥してコンタクトレンズが
つけられないときもありますし、
そこは、あまりチェックされていません。

飛行機の中も乾燥するので、めがねにしている人が多いです。

パスポートの写真がコンタクトでも問題はなく、
入国審査では何も聞かれませんよ。

安心してください。

パスポート写真を自分で撮るための7つのポイント│窓口で不受理にならない写真の撮り方

パスポート写真を自分で撮る

パスポートを作る時にどうしても必要なのが「証明写真」。どうやって用意しますか? 写真屋さん、証明写真機、自分で撮影する方法がありますね。

昔、自分のデジタルカメラの写真でパスポート申請したときに受理されなかった苦い思い出があります。悔しかったので、なんとか受理してもらおうといろいろ勉強しました。その結果、きちんとポイントを押さえて作リさえすれば、自分で撮影した写真で問題なく使うことができたんです!今回は自分で撮影するときの注意点とポイントを紹介します

「パスポート写真を自分で撮るための7つのポイント│窓口で不受理にならない写真の撮り方」詳細はこちら

当サイトのイチオシ!





パスポート取得Toppageへ