パスポート取得の手引きなど海外旅行情報サイト。これからパスポートを取得申請する初心者の方に役立つ海外旅行ノウハウを紹介しています。

パスポート取得Navi > パスポート(旅券)とは

パスポート(旅券)とは

旅券の基本知識

パスポート(旅券)について覚えておいたほうがいい知識です。
パスポートは、海外で身分を証明してくれる重要な保証書です。


パスポートの種類

パスポートには有効期間が5年と10年の2種類があります。
有効期限の違いでパスポートの色も違います。
紺色の表紙のパスポートが5年有効のICパスポート
赤い表紙のパスポートが10年有効のICパスポートです。

(※2006年からIC入りのパスポートになっています)

20歳未満の方は5年のパスポートしか申請できません。


パスポートは1人1冊

外国に旅行しようとする人は年齢に拘わらず誰でも、
パスポートは必要です。
つまり、0歳児の赤ちゃんも、
海外旅行するときは、パスポートが必要となります。

以前は、お子さんを併記する制度でしたが、
平成7年に廃止されました。


パスポートは、海外で唯一の身分証明書

パスポートは、外国にいったときに自分が何者であるか
証明できる唯一の手段
です。
外国では、国内にいるときと違って様々な場所で
パスポートの提示が求められます。


パスポート提示を求められるところ

○空港などでの出入国審査のとき
○ホテルにチェックインするとき
○トラベラーズ・チェック(旅行小切手)を使用するとき
○警察官などから身分証明書の提示を求められたとき
などなど


外国でパスポートを紛失したり盗難にあったりした場合、
あなたの国籍、氏名、年齢などを証明することができなくなります。

旅行そのものが続けられなくなる場合もありますので、
パスポートは、他人には預けず、
自己の責任で厳重に管理しましょう。

なくしたときは、現地の日本領事館でパスポート
再発行ができますが、時間がかかります。


パスポートを受領できるのは、申請者本人のみ

パスポートの交付は、法律によって、申請者の年令に関係なく、
申請者本人への交付が義務付けられています。

これは、パスポートを交付する時にパスポートの写真と
申請者が同一人物に間違いないかを確認するためです。

代理受領や郵送での交付は一切行っていないので、
注意しましょう。


→  パスポート(旅券)取得に必要な書類へ


― 関連記事 ―

→ パスポート(旅券)取得にかかる費用

→ パスポート(旅券)の申請場所と受付時間

→ 旅券取得窓口一覧

→ 旅券の申込書の記入方法について

→ 旅券の写真について


当サイトのイチオシ!





パスポート取得Toppageへ