パスポート取得の手引きなど海外旅行情報サイト。これからパスポートを取得申請する初心者の方に役立つ海外旅行ノウハウを紹介しています。

パスポート取得Navi > 旅券申請に必要な書類

旅券申請に必要な書類

新規・期限切れ後でパスポート(旅券)を取得するときに必要な書類

パスポートを新規で申請してみたけど、取得までって結構時間かかるし
結構厳格な決まりがありました・・
申請時の必要書類と間違えやすい注意点をまとめてみました。


※注 切り替え新規申請の対象となる人

下記に該当する方はパスポートの切り替えで新規発行手続きとなります。

  • パスポートの残りの有効期間が1年未満になった方
  • 氏名・本籍などの記載事項を変更したい方
    ※お持ちのパスポートの記載事項を訂正する方法もあります。
  • パスポートの審査欄に余白がなくなった方
    ※お持ちのパスポートに査証ページを追加する方法(増補申請)もあります。
  • お持ちのパスポートがICパスポートではない方で、ICパスポートに切り替えをしたい方

申請前に必要な書類・用意しておく書類と金額

必要書類一覧
1.一般旅券発給申請書 1通
2.戸籍謄本又は抄本 1通
3.住民票写し 1通
(住民基本台帳ネットワークシステムの運用をしている
都道府県の申請窓口で申請の場合は、原則不要)
4.写真(45mm×35mm) 1枚
5.身元確認書類(運転免許証等)
1.一般旅券発給申請書 1通

申請書はパスポートを申請する県庁や場所によっては
市町村の役場や郵便局でもらます。

申請書くらいインターネットでダウンロード・・と思いきや
パスポートの申請書は、申請書旅券法施行規則で
決まった紙以外は使用できません
のでダウンロードは無理でした。

一般旅券発給申請書は下記のような申請書です。

一般旅券発給申請書(表)

一般旅券発給申請書(表)の書き方

一般旅券発給申請書(裏)

一般旅券発給申請書(裏)の書き方


旅券の申請書は有効期限が5年と10年の2種類あります。
(値段でいうと5年を2回続けるより10年ものを選ぶ方がお得です)
20歳以上の方は、10年と5年のパスポート(旅券)を選択できます。
20歳未満の方は、5年有効のパスポートのみの申請になります。

※注意事項

現在、住んでいるところではなく
住民登録している都道府県の旅券窓口になります。

引っ越して住民票を異動してない方は、
前の住所のところで申請書をもらわないといけません。

→ 一般旅券発給申請書の書き方・注意点はコチラ

2.戸籍謄本又は抄本 1通

旅券の申請日前6ヶ月以内に作成されたものを用意します。
家族内(同一戸籍内)で同時に申請する場合は、戸籍謄本
(戸籍の全部事項証明)1通でよいです。

戸籍全部事項証明書(見本)

戸籍全部事項証明書の提出例

戸籍個人事項証明書(見本)

戸籍個人事項証明書の提出例

3.住民票写し 1通

住民基本台帳ネットワークシステムが使える都道府県は、原則不要です。
住民票の写しを使う場合は、申請日前6ヶ月以内に作成されたもの。

住民基本台帳カードの例

4. 写真 1枚

パスポート取得用写真の例

・縦45ミリメートル×横35ミリメートルの縁なしで、無背景(薄い色)の写真。
・申請日前6ヶ月以内に撮影されたもの。
・無帽で正面を向いたもので、頭頂からあごまでが34±2mmであるなど
 申請書に記載されている規格を満たしていることが必要です。

・写真の裏面には申請者の氏名を記入(記入の際は表面にインクが
 にじまないように、また凸凹が出ないように注意しましょう。

写真の撮影時の服装・髪型・メガネの注意点はこちらに記載してます。
この写真はいいの? → 写真についてのQ&Aはコチラ

5.身元確認書類(運転免許証等)
●書類が1つで良いもの
1つで良いもの 日本国旅券(現在有効中のもの、又は失効後6ヶ月以内のもの)
運転免許証(日本国内発行の国際免許証や仮免許も含む)
写真付き住民基本台帳カード
船員手帳
海技免状
小型船舶操縦免許証
猟銃・空気銃所持許可証
戦傷病者手帳
宅地建物取引主任者証
電気工事士免状
無線従事者免許証
認定電気工事従事者認定証
特種電気工事資格者認定証
耐空検査員の証
航空従事者技能証明書
運航管理者技能検定合格証明書
動力車操縦者運転免許証
教習資格認定証(公安委員会発行の猟銃の射撃教習を受ける資格の認定証)
検定合格証(公安委員会発行の警備員に関する検定の合格証)
官公庁発行の身分証明書(写真付きのものに限る)
独立行政法人、特殊法人、地方独立行政法人の身分証明書(写真付きのものに限る)
官公庁の共済組合の身分証明書(写真付きのものに限る)
写真付き身体障害者手帳(写真の張替え防止があるものに限る)
●書類が2つ必要なもの

「書類A」から2点、または「書類A」から1点と「書類B」から1点
(「書類B」2点はダメ)

2つ必要なもの 書類A 健康保険、国民健康保険証、船員保険等の被保険者証
後期高齢者医療被保険者証
共済組合員証
遠隔地被保険者証、任意継続健康保険証
自衛官診療証
日雇労務者健康保険証、日雇特別被保険受給資格証
健康保険組合継続療養者証明書
年金証書、年金手帳(船員保険年金、国民年金、恩給証書、共済年金、厚生年金、など)
印鑑登録証明書(6ヶ月以内に発行されたもの)と登録印鑑
(申請書裏面にある「申請者署名」欄に署名して押印をすること。)
※申請者と違う世帯の印鑑登録証明書を本人確認書類にする場合、世帯主が記載された住民票が必要。
介護保険被保険者証
本人確認証
(中国残留法人などに対する支援給付決定が確認できる証明書)
書類B 会社の身分証明書(写真付きのものに限る)
学生証(写真付きのものに限る)
公的機関発行の資格証明書(写真付きのものに限る)
失効後6ヶ月以上経過した日本国旅券
在学証明書、生徒手帳(学校長印が押された身分証明)
生活保護を受けている旨の証明書(公的機関が発行)
納税証明書、課税証明書(公的機関が発行)
雇用保険被保険者証
敬老特別乗車証
高齢受給者証
※保険証1点と高齢受給者証1点の組み合わせはダメ。
年金手帳(証書)1点と高齢受給者証1点など、保険証以外のものと組み合わせる。
公の機関が発行した資格証明書
旅行業法第12条の6第1項に基づく外務員証
外国人登録証明書(親権者などの場合)
IDカード(米軍人・軍属の家族であることを証明する身分証)
発行者が公の機関ではないが、公的資格を証明する写真付きのもの
(行政書士会発行の写真付き身分証明書など)
身体障害者手帳(写真貼替え防止をしていないものや写真無しでもOK)
療育手帳
有効な外国旅券
写真付きキャッシュカード
写真付き通行証
母子健康手帳(中学生以下の本人確認)
ただし、次のすべてが書かれている必要がある。
  1. 保護者氏名
  2. 保護者の生年月日
  3. 子の出生届出済証明
  4. 子の氏名
  5. 子の生年月日

― 関連記事 ―

当サイトのイチオシ!





パスポート取得Toppageへ