パスポート取得の手引きなど海外旅行情報サイト。これからパスポートを取得申請する初心者の方に役立つ海外旅行ノウハウを紹介しています。

パスポート取得Navi > 旅行できをつけること > 危険人物には注意しよう2〜パスポート取得後の海外旅行注意点

旅行できをつけること

危険人物には注意しよう2〜パスポート取得後の海外旅行注意点


海外旅行で犯罪のカモになりやすい日本人ですが、
その大きな理由に「愛想がいい」ということがあります。
たとえば、海外旅行での出会いも一つの思い出ですが、
それを狙った犯罪者の存在には注意しておきたいところです。


まず、向こうから一人ではなしかけてくる人物。
何らかの下心がある確率は100%です。

特にこのケースでは、
日本人女性がターゲットになりやすいのだそうです。

そこで、向こうから離しかけてきたら、
無視するか人ごみの中にまぎれてしまいましょう。

また、何かを要求してきたとしても、
はっきりと「No!」と言っておきましょう。
くれぐれも、あいまいな返答だけは避けてください。


さらに、こんなケースが実際にありました。

一人の男が近づいてきて、

「シャツの後ろが汚れているよ。拭いてあげますよ。」
と、言ってきた。

ところが、その光景を見ていた別の男性が、
「そいつはスリだ!」

と言って、最初の男を追い払ってしまう。

いかがですか?この男性は信用できるでしょうか?
残念ですが、ここで信用してはいけません。


この2人の男は、実は「グル」なのです。


悪者役と正義役に別れており、
相手を信用させておいてから何かを要求する手口です。

悲しい話ですが、こんなことも海外では頻繁に行われているのです。


さらに、発展途上国やヨーロッパの一部では、
子供による盗難事故が多発しています。

このケースのターゲットになりやすいのは年配の旅行者です。


貧しい子供を装って近づいてきて、
心優しい旅行者から金品を巻き上げる。

また、大勢の子供で周りを取り囲んで、
その隙に金品を盗む。

などなど、

日本では考えられないような事件が多発しています。
いくら子供と言えども油断は大敵ですね。


さらに、近づいてこないまでも、
笑顔を見せられたら笑顔で返してしまいがちですね。

治安の良い国では全く問題ありませんが、
治安の悪い国では絶対に「笑顔返し」をしてはいけません。

犯罪のターゲットになる可能性があるためです。

この場合は、たとえ相手が笑顔を見せてきても、

「あんたなんかに興味はない」
というような感じで無視しておきましょう。

旅行中気をつけること一覧へ


当サイトのイチオシ!





パスポート取得Toppageへ