パスポート取得の手引きなど海外旅行情報サイト。これからパスポートを取得申請する初心者の方に役立つ海外旅行ノウハウを紹介しています。

パスポート取得Navi > 旅行できをつけること > 強盗や盗難を回避する 〜パスポート取得後の海外旅行注意点

旅行できをつけること

強盗や盗難を回避する 〜パスポート取得後の海外旅行注意点


海外旅行でのお金に関するトラブルはたくさんありますね。
特に気をつけたいのが、「強盗」や「盗難」です。



「両替商に騙された」
「タクシーにぼったくられた」

ひどい時には「パスポートを盗まれた」なんてケースもあります。

強気に出ることがあまりない日本人は、
海外ではこういったトラブルのターゲットになりやすいのです。


最悪、命の危険もあるので、
これらの回避方法についてはしっかりと知っておきましょう。


まず街中を歩く時には、

「派手な格好は絶対にダメ」

ということが言えます。


せっかくの海外旅行です。
浮き立つ気持ちも理解できます。

しかし、そんな中でやたらとアクセサリーなどを
身に付ける人がいます。

これじゃあ「盗んでください!」と言っているものですね。


最近では日本でも車上荒らしや引ったくりなど、
絶対に安全とはいえなくなってきましたが、
それでも世界的に見れば日本はまだまだ安全な国です。


安全な国の感覚で海外旅行をすると、

「鴨がネギを背負ってやってきたぞ!」

なんて思われることが多々あるのです。


特に治安の悪い国や場所に出かける時には、
なるべく地味な格好をしていきましょう。


また、現地人が日常的に身につけている格好をしておけば、
その場の雰囲気になじむことが出来るため、
ターゲットとして狙われにくくなることは言うまでもありません。


さらに、こちらも日本人が犯しやすいミスなのですが、

「現地でガイドブックを広げない」
ということが大切です。


ガイドブックを広げていると、
あなたが旅行者であることは一目瞭然です。

そんな光景を犯罪者が見たらどうなるでしょうか?

その瞬間から、あなたはターゲットになるのです。

よほどのことがない限り、
金品を渡すまで付きまとわれることでしょう。


つまり、

「ガイドブックはホテルで下見をしておき、
必要な情報を前もって手帳などに書き留めておく。」

あるいは、

「ガイドブックにカバーをかけておく。」

などの対策を心がけておきましょう。
旅行中気をつけること一覧へ

当サイトのイチオシ!





パスポート取得Toppageへ