パスポート取得の手引きなど海外旅行情報サイト。これからパスポートを取得申請する初心者の方に役立つ海外旅行ノウハウを紹介しています。

パスポート取得Navi > いちおしのカード紹介 > 海外でパスポートを紛失したら 〜パスポート取得後の海外旅行注意点

いちおしのカード紹介

海外でパスポートを紛失したら 〜パスポート取得後の海外旅行注意点

海外でパスポートを紛失したら 〜パスポート取得後の海外旅行注意点


すぐに帰国する必要がある場合、
ここで紹介する方法を参考にしてみて下さい。

海外でパスポートを紛失したなら、
すぐに在外公館で再発行の手続きをとる必要があります。

しかし、以前にも説明したとおり、
再発行には多少の時間がかかります。

国や状況によって異なりますが、
平均で数日から1週間ほどかかるでしょう。


もしも、再発行まで待っていられない状況だったら…

たとえば仕事の関係で、すぐに帰国する必要があったとします。

こんな時は困りますよね。
いちいち再発行を待っていられません。



「渡航許可証明書」

というものがあります。
再発行を待っていられない人のための制度なのですが、
これを利用すればすぐに帰国することも可能になります。

渡航許可証明書とは、
「一時的なパスポート

と思ってください。

ただし、この方法で帰国するなら、
日本への直行便であることが条件になります。

飛行機の乗換えなどで、
他国の空港へ立ち寄ることは禁止されています。

もしあなたの航空券がそうであるなら、
航空会社に連絡して直行便に変更してもらいましょう。


さて、渡航許可証明書の発行には、
いくつかの書類等が必要になります。

まず必要なのが「ポリスレポート」です。

盗難・紛失のどちらであっても、
パスポートをなくしたという証明書を警察から取得してください。

次に顔写真が2枚必要になります。
近くの写真屋さんでパスポート用の写真を撮っておきましょう。


次に、日本国籍であることを証明する書類が必要です。

証明できるものであれば何でもいいのですが、
パスポートのコピーを旅行前に1枚しておき、
それを手帳に入れておけば安心でしょう。

さらに、手続きをスムーズに行うためにも、

パスポート番号や発行年月日も、
前もって手帳に記入しておきましょう。


あとは、これらの書類を持って、
在外公館で手続きを行うだけです。

多少の手数料も必要ですが、
たいていは数千円程度です。


もし帰国を急ぐのであれば、上記の方法で、
渡航許可証明書を取得する方法をぜひ知っておいてくださいね。


旅行中気をつけること一覧へ


当サイトのイチオシ!





パスポート取得Toppageへ